106万円の壁、社会保険の新たな境界

平成28年10月施行

厚生年金保険法等の法律が改定されて、短時間労働者(法律上は、パートタイム労働者といい、準社員、嘱託、臨時社員、アルバイト、パートタイマーなどの名称に無関係です)が、その働き方を考えなければならない法律の「壁」が、平成28年10月から「短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大」で施行されます。労働者側は、「壁」とマイナスイメージでとらえますが、行政側は、
・被用者でありながら被用者保険の恩恵を受けられない非正規労働者に被用者保険を適用し、セーフティネットを強化することで、社会保険における「格差」を是正する
・社会保険制度における、働かない方が有利になるような仕組みを除去することで、特に女性の就業意欲を促進して、今後の人口減少社会に備える
ことを念頭に置いているとのことです。

適用対象者の条件

106万円の壁」は、現状の「130万円の壁」に全面的に置き換わるものではなく、以下の条件をすべて満たした方々にとって、社会保険に加入するか否かの境界が、130万円から106万円に変わるというものです。
条件:
1.週の所定労働時間が20時間以上あること
2.賃金が月額8万8千円(年収106万円)以上あること
3.勤務期間が1年以上見込まれること
4.学生でないこと
5.規模501人以上の企業であること

条件の留意事項

3に関しては、当初の契約期間が1年未満でも、継続契約の可能性があり、それも含めると1年以上になりそうというときも「見込まれる」ことになります。
4に関しては、現在の130万円の壁では、学生であってもなくても変わりがなかったものが、「106万円の壁」で条件になりましたので、学生の場合は、これまで通り「130万円の壁」になります。
5に関しては、労働者側の条件ではなく、折半で社会保険料を支払うことになる企業側の条件です。しかし、労働者がどの規模の企業で働くかによって、労働者の壁の金額が変わることになります。ちなみに、派遣労働者の場合、この企業規模とは、派遣先の企業規模ではなく、労働契約を結ぶ派遣元の企業規模になります。

時給1,100円

短時間労働者の時給が、1,100円で週に20時間の労働時間とすると、4週ある月で、
1,100円 x 20時間 x 4週 = 88,000円
です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
046-230-5600
相談受付平日9:00~18:00