パタハラ?いえ、出生時両立支援助成金です

パタニティハラスメント(パタハラ)

いわゆるマタニティハラスメント(マタハラ)はよく知られたところですが、「男性の父性とはどういものか」という古典的固定概念による、上司、同僚等からの、父親の育児参加願望に対するハラスメントのことです。パタハラという言葉は知らなくても、「あるある」と思う、子をもつ男性諸氏は多いのではないでしょうか。

父親の育児参加

厚生労働省は、父親の育児参加をしやすいように企業への助成金により一層推し進めます。どんな助成金にも支給要件があるので、今回の「出生時両立支援助成金」についても支給要件を見てみましょう。
① 連続した14日以上(中小企業事業主にあっては5日以上)の育児休業を取得した男性労働者が過去3年の間いないこと。
② 平成28年4月1日以後に、男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りの取組みを行っていること。
③ 雇用保険の被保険者として雇用する男性労働者に、子供が生まれて8週間以内に始まる連続した14日以上(中小企業事業主にあっては5日以上)の育児休業を取得させたこと。

 

今回の支給要件の中で、特徴的なのは、2番目の「職場風土づくり」です。これにはどのような取り組みをすればよいのでしょうか。男性社員が育児休業を取りやすくする職場の風土づくりですから、かつて育児を経験しつつもすっかりそのころのことは忘れている男性上司への管理職向けの研修の実施は、重要でしょう。
育児休業制度そのものを説明した資料作りと周知も良いでしょう。

 

ところで、「育児休業」と「育児休暇」は違います。
育児休業……法律に基づいて取得することのできる休業制度

育児休暇……休暇中に育児をする、育児のために休暇を取得すること

中小企業こそねらい目の助成金

助成金目当てに育児休業をさせるのでは、本末転倒ですがこの助成金は、中小企業事業主にとって、魅力的です。なにしろ、上に記述した支給要件を満たせば、最初の育児休業者一人に対して、60万円の助成金が支給されます(翌年度以後、二人目からは、15万円)。中小企業事業主は、男性社員の対象者に育児休業を5日取らせるくらいの余裕をもって、この助成金にチャレンジしてはいかがでしょうか。

その他、細かい注意事項等は、お問い合わせください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
info@axis-sr.jp
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
046-230-5600
相談受付平日9:00~18:00