36協定に関する労働基準法の改正

6月に国会で成立した「働き方改革法」で決められたことの主な項目は、
1.時間外労働の上限規制(36協定)

2.年次有給休暇の計画的付与

3.フレックスタイム制の清算期間の上限変更

4.高度プロフェッショナル制度の創設

です。

今回は、このうちの「時間外労働の上限規制(36協定)」について、労務管理上、変更内容が重要なので解説します。

 

改正される労働基準法第36条

これまでの原則的限度時間(1ヶ月に45時間、1年に360時間までの時間外労働)は、法律で規定されたものではなかったのですが、今回の改正で法律(労働基準法第36条第4項新設)に格上げされ明文化されます。

また、特別条項においては、時間外労働時間が、これまで事実上の「青天井(上限なし)」だったのに対して、労働基準法第36条に第5項、第6項を新設し、例外的限度時間として、1年に6回まで1ヶ月に100時間、1年に720時間以内と規定されます。さらに、第6項では当月を含む直前2ヵ月から6ヵ月の1ヶ月平均時間外労働時間が、80時間を超えてはならないことも規定しています。
なお、新法での原則的限度時間は、従来同様に法定休日の労働時間は含みませんが、新設される例外的限度時間では、法定休日の労働時間を含んだ時間です。従来の原則的限度時間においても、過労状態を監視する目的なのに、法定休日の労働時間は含まないのかといぶかしく思っていましたが、今回やっと(原則的限度時間では変わっていませんが)例外的限度時間で、法定休日の労働時間も含まれることになりました。

 

社員代表の選出

上記のように労働基準法第36条が改正されると、36協定の有効性が重要になります。「有効性」とは、36協定が正しい手続きで結ばれたものであるかということです。労使協定である36協定の一方は、会社(使用者)であり、一方は、労働者の過半数で組織する労働組合または、労働者の過半数を代表する者(社員代表)です。そして、この社員代表を正しい手順で選出していないと、36協定を労働基準監督署に届け出ても、36協定そのものが無効になってしまいます。
社員代表の選出には、パートやアルバイトも含んだすべての労働者(管理監督者も含むが、派遣労働者は含まない)に、36協定を結ぶ代表者の選出であることを告げて、投票、挙手などの方法で選出することになっています。なお、社員代表は管理監督者であってはなりません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
info@axis-sr.jp
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
046-230-5600
相談受付平日9:00~18:00