遺族厚生年金と老齢厚生年金の皮肉な関係

ご夫婦とも、一般企業で社会保険(厚生年金保険)に加入したことがある場合、遺族年金と厚生年金の皮肉な関係を知っておいたほうが良いかもしれません。

この関係を説明するため1例として、ある夫婦を想定します。
ある夫婦:

夫は、学校を卒業以来、一般企業に25年以上勤務し厚生年金保険にも25年以上加入していたが、特別支給の老齢厚生年金を受給中のある日、帰らぬ人となった。

妻は、独身の頃、一般企業に勤め、結婚後のある時期は子育てのために専業主婦となり、その後再び一般企業に勤めはじめ、厚生年金保険にも加入している。そんなある日、夫が亡くなってしまった。子供たちは成人している。

 

この例の夫婦の年金額は、どうなるでしょうか。
夫の生前の年金額は、特別支給の老齢厚生年金(200万円、金額は一例)でした。
夫が亡くなると、妻に遺族厚生年金(150万円)が支給されます。

こんなとき、妻は、日々の生活費や、将来の自分の老齢年金を増やすため、遺族厚生年金だけに頼ることなく今まで以上に今の仕事を続けようと考えました。

 

皮肉な関係1:妻に特別支給の老齢厚生年金(90万円、金額は一例)が支給される期間

この期間は、夫の遺族厚生年金と自身の特別支給の老齢厚生年金とを併給できないので、金額と各種控除を考慮し、遺族厚生年金を選択したとします。したがって、妻が得る年金額は150万円です。「え?、これまで自分の給与から天引きされていた厚生年金の納入額を自分の年金としてもらえないの?今でも天引きされてるんだけど?」

 

皮肉な関係2:妻が65歳以上の期間(老齢基礎年金が出始める)

65歳以上になると併給ができるようになります。でも、単純に加算(150万円+100万円)されません。妻は、65歳まで厚生年金を給与天引きされていたので自身の老齢厚生年金額は、65歳時点で100万円になっていたとしています。では、得られる年金額はいくらでしょうか。この場合も妻が得られる年金の総額は、150万円です(経過的寡婦加算等があるが、省略)。「どういうこと?」併給はできるので、皮肉な関係1で自身の老齢厚生年金が得られないということはなくなり、老齢厚生年金額は、100万円です。しかしここで、「先充て」という仕掛けがあり、遺族厚生年金は、受取る者(妻)の老齢厚生年金額を差引きます。したがってこの場合、150万円-100万円で50万円が遺族厚生年金になります。結局、妻自身の老齢厚生年金100万円と遺族厚生年金額が50万円になるので、得られる年金総額は、150万円+自身の老齢基礎年金です。ちなみに、妻の老齢厚生年金がこの例で150万円を超えると、遺族厚生年金は支給されなくなります。「なんだそれ?」ですよね。つまり、「先充て」制度があるので、この場合、遺族厚生年金額を超えない範囲では、いくら自身の老齢厚生年金を増やすために仕事をしても、自身の老齢厚生年金額が150万円以下の場合、受け取る厚生年金額の総額は増えません。

 

「高年齢の方も仕事ができる環境を」「パートタイマーの方々にも厚生年金保険に加入できる制度を」などと言っている昨今の政府ですが、この皮肉な関係は、何とかなりませんかね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
info@axis-sr.jp
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
046-230-5600
相談受付平日9:00~18:00