雇用調整助成金顛末

新型コロナウィルスによる休業に対処するための雇用調整助成金(緊急雇用安定助成金)の申請から振込までの顛末を一例に基づき記録にとどめたいと思います。ハローワーク並びに助成金センターの職員には、多忙な中でのご対応に感謝していることを冒頭に申し上げておきます。
さて、今回取り上げる例は、最初の例が、休業手当に教育訓練が絡む雇用調整助成金について、次の例が、雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金を対で申請した例です。

 

1.休業手当、教育訓練付き

判定基礎期間(1か月)の関係で3か月にわたる休業期間について、3回に分けての申請になりました。どの月にも教育訓練があった例です。

まず、判定基礎期間最初の2か月について同時に5月26日にハローワークに窓口申請をしました。実は、この時、オンライン申請ができるはずだったのですが、他社の情報が見えてしまう不具合があり、利用できなくなっていました。実際に当初オンライン申請をした際、他社の情報が見えていたのでこんなシステムで良いのかと思いながら進めていたら、案の定直ちに利用停止になりました。あのオンライン申請システムはその後どうなったのでしょうか?
その後、7月22日に最後の1か月分の申請をしました。2回目からの申請は、直接助成金センターに郵送すればよいことになってます。

教育訓練への執拗な問合せ

教育訓練を行ったという申請に対して、とりわけ細かい問い合わせが助成金センターからありました。
まず、今回の教育訓練がOJTでないことを口頭で確認されました。次に「講師」の資質について。講師に値しない人が「講師」を務めたのではないかという問い合わせに対しては、文章で講師の資質について回答しました。
また、教育訓練は、1日の教育訓練時間が3時間以上なければなりませんし、所定労働時間いっぱいの教育訓練でなければ1日教育訓練をしたことにならず、すべて半日にカウントされます。したがって、所定労働時間8時間に対する教育訓練時間が7時間だったので、全てが半日の教育訓練としてカウントされます。助成金センターから、教育訓練の実時間と申請の時間が違うことに対する問い合わせがありましたが、それは「そちらで決めたことでしょ」という回答をしました。

 

決済まで約3ヵ月

最初の申請から決済まで上記問い合わせなどの対応(直ちに対応、回答をしています)もあり、約3か月かかっています。2回に分けた申請分が同時に8月26日に決済されました。約3ヵ月が遅いか早いかの評価はしません。教育訓練に対する評価で時間がかかったようです。

2.雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金の同時申請

ひとつの会社で、雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金に該当したので、同時に両方の申請をしました。こちらも判定基礎期間の関係で2か月分を2回に分けて申請しています。最初の申請が6月26日にハローワークの窓口に、2回目が7月26日に助成金センターへ郵送による申請です。
こちらのほうは、教育訓練付きではなかったので、特に助成金センターからの問合せもなく、2ヵ月後の8月28日にまとめて決済されました。ただし、雇用調整助成金のみです。緊急雇用安定助成金は、原資が違うとかで、決済部署が異なるらしく、9月10日現在まだ決済されていません。雇用保険に加入していない従業員のみの休業に対する助成金申請は、緊急雇用安定助成金のみの申請になるはずですが、これに該当する会社は、なかなか決済されず歯ぎしりの毎日なのではないでしょうか。
なお、雇用調整助成金について、申請金額と決済金額は同額だったのですが、振り込まれた金額は、申請金額(決済金額)とは違う金額でした。この問題は深刻ですが、今真相を問合せ中なのでこれ以上触れないことにしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
info@axis-sr.jp
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
046-230-5600
相談受付平日9:00~18:00