増額、キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金の一部を増額

2月10日から増額された助成金があるのでお知らせします。キャリアアップ助成金です。

この助成金は、~コースというように何種類かに分類されるもので、そのうちの、正規雇用への転換人材育成に関するコースで、もらえる助成金が増額されたんです。

どのコースがいくら増額されたかは、事務所のホームページ上、次回(2/22)記述予定の「Foliage Talk」で説明します。少しお待ちください。他のSNSにも同じ記事を載せます。

助成金は、計画を立て、計画に沿った実行、必要なら修正・実行、目標達成のサイクルで、思わぬ副収入になり得ます。もちろん、このほかに各種条件がありますが、詳しくは社労士がわかっていますので、助成金にチャレンジすることをお勧めします。ご相談はいつでもどうぞ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

従業員を育てて、助成金をもらおう

多種類にわたる助成金

従業員関連の助成金は、比較的多種類用意されています。ここでいうキーワードは、従業員の「能力開発」や「教育訓練」です。

助成金の申請には、条件があるので、まず申請条件をクリアしているか社労士に相談しましょう。

キャリア形成促進助成金

その名も「キャリア形成促進助成金」。この助成金は、いくつかにコースに分かれていて、育成の目的に合わせて申請できる助成金です。

「能力開発」や「教育訓練」に関する最も一般的な助成金が、「一般型訓練」といわれるキャリア形成促進助成金です。

一般型訓練

この助成金は、訓練(育成)に要した経費についての助成と、訓練を受けた従業員一人ひとりの賃金について助成します。申請するには、助成対象訓練時間を20時間以上とし、Off-JTの訓練計画を立てる必要があります。訓練計画に従った育成を実施し、終了したら支給申請ができます。

支給決定に至るコツ

同様の助成金申請をしたときは、教育訓練の年間計画を実施する途中で、訓練への欠席などその時の参加者人数などが計画と相違するごとに変更申請をしました。都度の変更申請をしておけば、支給申請の際に計画との相違を問われることなく審査が比較的スムーズに進むからです。このほか、支給決定を勝ち取るための実務ノウハウがたくさんあります。とりわけ審査官とのコミュニケーションにおけるコツが。助成金の申請をお考えなら、当事務所にお気軽にお問い合わせください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人材育成関連の助成金

人材教育?メリットがなければね!

前回のお知らせ(ブログ)で、企業経営は人材育成を「コスト」と考えず「将来への投資」といいました。とはいっても、現実の経営は、絵に描いた餅ではありません。
人材が育ち、その育成行為や成果に対して営業成績以外の何らかの金銭的見返りがあればどうでしょうか。

助成金

国(厚生労働省関連)が助成金という形で、企業の努力やその結果に金銭的支援をしています。
助成金を得るアプローチの仕方に、会社の行為(方策)がそのまま助成金の対象になっているという場合と、助成金目当てといっては言い過ぎですが、助成金を意識した行為(方策)を立てるというものがあります。前者の場合、せっかく助成金申請が可能なのに何もしないというのは、ばかげています。社内に助成金専門の社員がいれば、そのようなことはないかもしれませんが、そんな社員はいないでしょう(むしろ効率が悪い職務の割り当てです)。
そんなときは、人材育成関連の助成金に強い当事務所が力になれるかもしれません。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

定着しない社員

人材の不足

2016年の経営活動に影響すると想定される要因を中小企業経営者に尋ねたところ(産業能率大学のアンケート調査)、最も多かった回答が「人材の不足」だったそうです。

原因と対策

この内容までは不明ですが、

1.新卒採用で人が集まらない

2.新人が定着しない

3.中途採用で人が集まらない

4.中途採用しても定着しない

等が不足の原因と考えられます。
安倍内閣が進める一億総活躍社会では、女性やシニア層、障害者などに活躍の場を広げることで社員の幅を広げることを推進していますが、さらに、中小企業の経営では、今いる社員を磨くことにもっと傾注することを強く勧めます。「未来への投資」である人材教育(社員の育成)を、いまだに「コスト」と考えていては、人材不足の連鎖が止まりません。

人材の育成

企業の年間の運営サイクルをもとに、1年の育成カリキュラムを作成し、今いる社員をこのシステムに徐々に組み込むことからスモールスタートを図ってはいかがでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

労使による就業規則作成の勧め

就業規則

労働基準法で、第89条(作成及び届出の義務)

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、・・・就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。・・・」

となっています。常時10人とは、正社員、派遣社員、パートタイマー等の区別なく、一時的に9人以下になっても常態として10人の労働者がいれば、作成、届け出の義務を負います。

今のうちだからできること

つまり、就業規則は、労働者が常時10人以上になる前から作り始める必要がありますが、従業員が10人未満のいまだからこそ、就業規則の作成準備や作成の議論を、労使で協力して行ってはどうでしょうか。企業の社内規範及び規則を明確化する就業規則は、使用者が作って、労働者に押し付けてもうまくゆきません。

社会保険労務士の仕事

就業規則の労使による作成準備→作成→届出→運用という提案をしたいと思います。その際、アクシス社会保険労務士事務所では、社長の想いを聞き、労働者の考えを反映した「自社のための就業規則」になるよう旗振りをさせていただきます。また、就業規則に書かなければならない必須事項や、届け出の手続代行等の法に縛られた部分は、社会保険労務士が行いますので、労使の皆様は、就業規則の中身にのみ傾注していただければよいのです。

就業規則の作成がそろそろ必要かという人事部長さん、気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

マイナンバー、労災保険申請方法を変更

マイナンバーの利用が本年から開始されましたが、業務災害、通勤災害で被災者本人以外(事業主や社会保険労務士)が労災保険申請、年金申請をする際は、本人の代理人として行うことになるので、マイナンバー(個人番号)を「利用」することはできません。このように、マイナンバーの運用開始後も個別具体的な対応や扱いの変更が発生しています。
マイナンバーの扱いについては、一度決まったことが変更になっていることがありますので、労働・社会保険の専門家である社会保険労務士にご相談ください。
アクシス社会保険労務士事務所では、マイナンバーへの豊富な知識とともに、「特定顧客情報」に関するセキュリティに万全を期し、運用しております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆Axis◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇Axis◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

年末年始のお知らせ

当事務所は、12月30日から1月4日まで年末年始の休業とさせていただきます。

なお、休業期間中もお問い合わせフォームからのご相談は受け付けています。

お問い合わせフォーム

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アクシス社会保険労務士事務所
243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
厚木アクストメインタワー3F C-6
046-230-5600
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ニュースレターをご希望の企業様に配信します

ニュースレターのお申し込み方法

毎月初めに発行している、当事務所の「Axisニュースレター」をご希望の企業様に無料配信いたします。
ご希望の企業様は、「Axisニュースレターお申込み」をクリックするか、「ご相談フォーム」をクリックして、開いたページのフォームに従ってお申し込みください。その際、「お問い合わせ種別」は、リスト内の「Axisニュースレター配信希望」としていただきますと、処理がスムーズに進みます。

ニュースレターの内容(発行済み)

毎月、重要かつタイムリーな情報を、A4版7ページ(月によってページ数が変わることがあります)でお届けします。

ー8月号ー

注目トピックス:
ABCマートはなぜ書類送検されたか
特集:
・ストレスチェックの義務化について
・営業社員を本気にさせる報酬制度は何か
話題のビジネス書を斜め読み
事務所だより
経営診断ツール:
過重労働チェックシート

ー9月号ー

注目トピックス:
「ブラックバイト」と非難されないための注意点
特集:
・最低賃金引き上げ予定のお知らせ
・給与明細の「支給欄」と「控除欄」の見方
話題のビジネス書を斜め読み
事務所だより
経営診断ツール:
アルバイト労務管理チェックシート

お願い

配信方法は、ご登録メールアドレスのご担当者様宛メールへのニュースレター(PDF)の添付とさせていただきます。
毎月初めの発行を予定していますが、発行日は、多少ずれることがありますので、あらかじめご了承ください。